河野道代詩集 『花・蒸気・隔たり』

造本:平出隆

表紙:空押し 題箋貼 特殊上製本

A5判変型 96ページ 函入

定価3500円(本体3333円+税) 送料無料

彫刻家若林奮の世界に対峙することで、言葉と造形との本質的関係を追究したユニークな連作詩群。2003年の彫刻家の死の後、その造形的思考を、いわば「韻律的思考」によって解析しつづけ、類を見ない詩を実現した。哲学的ユーモアをも取り入れながら、最高次の音楽性と文学性を形成している。

この詩集を読むに際して、少なくとも三つの楽しみ方があります。

1 詩の言葉だけで独立した世界を味わう。これは基本的で、かつ最終的な読み方でしょう。

2 哲学や古典などから引用された言葉が、異なる位相に置き直されている面白さ(デペイズマン)を味わう。詩ならではの言葉の富の蓄えが楽しめます。詩人によって味読されたさまざまな章句が姿を変えて潜んでいて、作品に奥行を与えているのです。

3 「泳ぐ犬」「Daisy」など、対象として取り組まれた若林奮の造形作品の世界と照らし合わせながら読む。詩を広々とした空間の中でも鑑賞することになります。たんなるオマージュにとどまらない、詩人の自由自在な解釈と戯れを味わうことにもなります。
http://images.google.com/images?client=en&q=若林奮